読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「3月のライオン」11巻を読んだ。

日常
f:id:enjii:20151004183054j:image

先月末から今月頭にかけて、毎巻購入しているマンガがたくさん発売になってますが、本日は「3月のライオン」の話。

11巻、単純に作品のなかの物語がひとつの山場を迎えていて読みどころ満載なのですが、(ライオン以外の作品も全部引っくるめた)羽海野ワールド内の大きなテーマ「父性の不在」にかつてなく真っ向から挑んでいることに何よりも感動して。「ついに書いたか!」感が凄まじくてボロボロ泣けてしまいました。

こんなふわふわした絵苦手だわー、と思ってる人にも騙されたと思って読んでいただきたい(その際はもちろん1巻から)。性別とか年齢とか関係なく、感じさせられることの多い作品だと思います。

あと実写化、零くんは神木隆之介くん一択だろ!と思っているけど、どうなるんだろうか…。